コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

トラックのシフト。

f:id:bandsmankoki:20171117183720j:plain

仕事でトラックに乗ります。

主に2トントラック、ハコ車。

意外と知られてるようで知られてないトラックのマニュアル操作。

ギア、シフトについて説明します。

 

 

トラックのシフトパターン

Hパターン。

という事は変わりませんが、自動車学校で習う。

1速2速3速4速5速 R(リバース)

とは少し異なります

基本的には2速(セカンド発進)

f:id:bandsmankoki:20171105210023j:plain

 トラックは荷物を積みます。

ですので、積載量が多くなればなるほど

進む力、止まる距離も変わってくることになります。

例えば、乗用者に、1人で乗って運転するより、5人や6人も乗車すれば

アクセルの感覚、ブレーキの感覚が変わってきますよね。

2速がローギア1速がスーパーローギア

1速、スーパーローギア。

例えば積み荷をかなり積んだ状態、なおかつ路面が坂道で雨天など

不安定な状態。

ものすごいトルク、力強いギアが必要な時の場合のみ使います。

前もって言っておきますが普通の道であれば1速は殆ど使いません。

ハコ車で空の状態で走るなら2速でいいでしょう。

因みに、ハコ車は後ろが見えません。

なのでたまに、後退しないようサイドブレーキ引きながらでも2速で走れます。

シフトパターンの違い

先ほどの写真の通り、2トン車クラスだと1速の位置に

  • R 1速2速3速4速5速

このシフトパターンだと真ん中がローギアになるので

個人的に運転しやすいです(笑)

1.5トン車クラス

  • 1速2速3速4速5速 R(リバース)

普通車と変わりません。ですが発進が2速がローギアですので

様々なトラックを乗る機会があったので、最初は混乱します。

 

因みに・・・

R 1速2速3速4速5速6速

 

パターンが複雑化するとN(ニュートラル)の、あそびの位置

ロング車とかになると内輪外輪計算しつつなので慣れてないと苦労します(汗