コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

コペンのエアクリーナー。純正交換型か、剥き出しエアクリーナーか・・・。

Dスポーツ、スポーツエアフィルター。

 

納車してすぐ、エアクリーナーボックス内の

フィルターを交換するタイプを購入、いわゆる純正交換型でした。f:id:bandsmankoki:20171110201026j:image

手前側、白のフィルターは、元々のフィルター。

奥のグレーの色がスポーツエアフィルターです

 

 

 

どう変わったか?

マフラー交換をしているので、交換前提で話を進めます。

 

恐らく加速のもたつき、空気の吸う量が純正よりも増えたことにより、多少の効果だと思います。

そして間を置いて2年後、

ついに剥き出しエアクリーナーに交換しました。

動画もあります。

f:id:bandsmankoki:20171110201938j:image

BLITZ ADVANCE POWER AIR CLEANER

最初は吸気音を楽しめればいいかな・・・。

と、思い交換しました。

効果は、驚きました。

アクセルを踏む感覚が違いました。

エアクリボックスを外し、直接取り付けるので

やはり空気を吸う量が圧倒的に増えたからでしょうか。

まとめると

レベル1が純正交換型
レベル2が剥き出しエアクリーナー

という具合ではないでしょうか。

 

ですが、剥き出しの方

写真の通りコペン(LA400K)はエンジンの真上に

エアクリーナーがあるような構造です。

普通の剥き出しエアクリーナーでは熱を吸ってしまって逆効果なのでは

と思い、懸念してました。

ですが、このエアクリーナー、メーカーの説明から抜粋

・「クーリングシールド」が周囲の放射熱を遮り、フィルターの発熱を防止。フィルターの温度上昇を抑えることで、安定した吸入温度を提供し高い充填効率を維持。

これが購入の決め手でした。

わざわざ遮熱板を作らなくてよくて、

更には、エンジンルームも映える。

そして剥き出しでよく聞くのが、

「ゴミなんかが詰まりやすくなってオイルに悪影響なのでは?」

と聞きます。

確かに得るものもあれば失うものもあると自分も思います。

ですが、オイル交換やエレメント交換もちゃんとした上で

その両立も可能になってくるのではないのでしょうか。

メーカー推奨のお掃除時期は5000km一回。

ちょうどタイヤローテションの時期と同時ではいいんじゃないんでしょうか。

とりあえず変えるなら、純正交換型。

スポーティーな走りをしたいなら剥き出しエアクリーナー。

という結末でしょうか。

 

結構吸気音も変わってくるので

アクセルを踏むと、コペンが息してるんだなぁ!

と、そういう風な感覚になります。