コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

コペンを購入したい!オープンカーでドライブデートしてみたい!

f:id:bandsmankoki:20171115185025j:plain

最近コペンも徐々に増えつつあるなとつくづく思います。
そこで、簡単に説明、購入、メリットなどを説明したいと思います。

 

 

 

コペンのメリット

軽自動車だから自動車税が安い

まずこれだと思います。

軽自動車税:¥10,800
軽自動車税は、平成27年4月1日に増税しました。
私は、その前に購入しましたので自分の車は¥7,200です。
普通車に比べると安いです。

総排気量

1リットル以下 ¥29,500

1.5リットル以下¥ 34,500

2リットル以下 ¥39,500

任意保険料が極端に高くない。

言うならば二人乗りのスポーツカー

されど、軽自動車です。

これも軽自動車だからということではありますが
保険会社によって差はあると思うので

年齢条件、運転者限定、特約

一概には言えません
ですが、スポーツカーから比べると、勿論安いです。

車両保険の有無

車両保険は付けることをお勧めします。
車両保険の有無で保険料も変動してきますが
ケチると後々痛いことになりえることも。

代理店型かダイレクト型(通販型)か

・・・私は代理店型をお勧めします。

通販型の大きなメリットは保険料の安さにあります。

ですが、事故した時の事故処理が非常に面倒です。

割高にはなってきますが、私は、代理店型をお勧めします。

 
この年間かかる維持費が安いのがコペンの特徴でもあり、

オープンカーを味わえます。

 

新車か新古車か。

結論、自分は新古車で購入しました。
奇跡的にオーディオに特化したダイアトーンナビ
好きなボディカラー。
これでMT車なら文句なしだったのですが・・・。
そこで妥協しました。
新車見積もり、諸経費込みで約220万くらい
新古車で諸経費込みで170万
どう考えるか、です。
欲しいグレードが欲しいから新車で買うのか、
ある程度の妥協で、新古車にすれば
それこそ、アルミホイールやマフラーなど
カスタムする資金に回せます。

既に自分もマフラーやアルミホイール、エアクリーナ等

チューニングした代金で新車の代金近くなります。

 

メーカーオプションとディーラーオプションについて

両方の違いは

メーカーオプション
メーカーオプションは工場生産時にしか付けられないオプション。

フォグランプやエアロパーツなどです。後付けは出来ません。

ディーラーオプション

ディーラーオプションはフロアマットなどのアクセサリー。

後からでも発注できるもの。

 

メーカーオプションをこだわりたければ当然、新車になってきます。

 

実燃費は?

カタログ値には、リッターあたり
CVT車は25.2km
MT車は22.2km
と書いてありますが、

人のアクセルの踏み方、ブレーキの踏み方で全然違います

自分がCVTです。実際に測定してると
自分の走り方で16〜18kmだと思います。
タンク容量30ℓに対して頑張れば500km走行可能だと思います・・多分。
実際に走ってみて、高速で80km/hから90km/hあたりのエコな走行で
走っていたらリッターあたり19〜20kmは計算したらいくのかなという推測です。

ガソリン代

通勤距離約7㎞ ストップアンドゴーは少ない田舎道

通勤だけ使ったとして月に多いときで2回、結構経済的です。

+遠出したとして、多いときに3回4回

因みにレギュラー指定ですが、自分の車にはハイオクを入れています。

賛否両論ありますが、吸気バルブなどの洗浄能力が高いからです。

オイル交換やエレメント交換について

コペンはターボの軽自動車です。

オイル容量

エレメント交換時2.9l

オイル交換のみ2.7l

必ず5000km毎に交換。

もしくは走行距離がいってなくても半年に一回は交換。

そしてオイルエレメントは10,000㎞毎、もしくは一年に一回毎交換。

を義務付けることを推奨します。
理由は、ターボ車なので比較的汚れやすいです。
オイル交換のサイクルは定期的に見ておく事が大事です。

JAFの加入

迷わずしましょう。

入会金¥1,500年会費¥4,000です

過去2回程お世話になったことがあります。

安全性

軽だからもしもの時大丈夫?

最近の軽は異様に中古車でも高い傾向にあります。

安全性能が普通車並みなんて言われていますがどうなんでしょうか?

現行のコペン、LA400Kは独自のDフレームという骨格を採用しています

基盤はミラからなのですが

剛性は乗った人から絶賛でした。

ドア以外は樹脂パーツという特殊な構造ですが

ハンドルを握ったときの安定感の方が大きいです。

まとめ

軽で2人乗り。

それだけでも面白い車です。

最初の車代、諸経費の金額はかかると思います。

そして車の方向性を考えるとセカンドカー向きな気もしますが

自動車税+保険料+ガソリン代で考えるとエコな趣味車です。