コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

レギュラー指定にハイオク、コペンにハイオク・・・。

f:id:bandsmankoki:20171120213940j:image

コペンにハイオクを給油しています。

銘柄は昭和シェルのV-Powerです。

始めに言っておきますがレギュラー指定の車なので

別にレギュラーガソリンを入れればいいのです(笑)

逆にハイオク指定の車にレギュラーガソリンを入れ続けるのはNGです。

 

 

 

メリットはあるのか?

はっきり言ってそれは分かりません(笑)

ですが、ハイオクガソリンには洗浄剤が入っています。

吸気バルブなどの汚れを落とすメリットはあります。

『ガソリンはエンジン内の吸気バルブを通り

ガソリンがスパークプラグ、火花を飛ばし着火。

内部で爆発し、燃焼して排気バルブ~。』

というような仕組み。

その過程の中で経年劣化するとどうしても汚れが溜まる、という話です。

ハイオクガソリンにはその洗浄成分が入っているので

そういう点ではメリットがあります

そもそもハイオクガソリンとは

ハイオクタン値ガソリン

別名:プレミアムガソリン

とも言います。

レギュラーオクタン値:89以上

ハイオクオクタン値96以上

このオクタン値の違いにあります。

そしてハイオクガソリンはノッキング(自然発火)しにくいガソリンでもあります。

ノッキングって?

自然発火しにくいハイオクガソリンはノッキングしにくいです。

分かりやすくいうとエンジン内がガタガタ鳴りにくくなります。

冒頭で説明しましたが、ハイオク指定の車に

レギュラーガソリンを入れ続けるのはNGです。

車に不具合が出てきます。

一時的に入れるのであれば問題ありませんがそれでも

ハイオク指定の車にはハイオクガソリンを入れてください。

 

軽自動車、コペン、レギュラー車に入れる事は?

先ほども言ったハイオクの洗浄能力

ブーストアップなどチューニングされた車

にはメリットはあるんではないかと個人的には思います。

現にコペンは吸排気系、剥き出しエアクリーナー

リアピースマフラー交換、マジックタンクによる軽いブーストアップ

など施してるのでハイオク仕様にしました。

 

総合的にみたら安いのではないか

ハイオクを入れることは悪い事ではありません。

確かに10円ばかりレギュラーガソリンからしてみれば値は

高い事になりますが。

勿論プラシーボ効果みたいものはあるかと思いますが

それで車が長持ちすると考えれば、総合的にお得な気もします。

因みにオイル交換前にガソリン添加剤、

フューエルワンで洗浄、プレミアムパワーで

エンジン内部の汚れを出すために半年に一回、入れています。

 

オイル交換やエレメント交換をちゃんとしていなけば元も子もないですが

実際にハイオクを満タンに入れ始めて4回5回目給油しだして、

個人的に結構エンジン好調。

いいですよ。

 

最後にもう一度

コペンにハイオク、V-Powerを入れています。