コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

バンドで大切な事とは?

f:id:bandsmankoki:20171201161149j:image

今回は車ではなく

趣味のバンドの話。

 

学園祭でやるバンドとは違います。

社会人バンドプロを目指すバンドには

上下関係があります。

同時に横の繋がりも出来ます。

 

そしてスタジオでのリハーサル、

いわばバンド練習。 

ライブハウスでライブ

自分達コンサートをするならば

ライブハウス側からチケットを渡され

チケットノルマが課せられます。

 

3ピースバンドの構成で1バンド20枚売るとしたら

一人7枚は売らないと、赤字が出ることになります。

 

趣味でやる、本気でプロを目指す。

どちらにせよ、機材費、スタジオ代や

諸々の事を考えると、出費もかかるますし

継続して続けないと

上達もしませんし、結果も残せません。

 f:id:bandsmankoki:20171201160953j:image

技術面で大事な事は、1つの事に没頭。

「ダンスもやりたい楽器もしたい歌も歌いたい」

極端な話になりますがあまり手を広げすぎると、疎かになります。

ギターやドラム、ベース、ヴォーカル、

とにかくこの曲を、一曲練習し続ける。

ここのフレーズをやり続ける。

継続しないと結果が残せません。

 

健康面も大事。

社会人バンドとなってくると

スタジオリハ、練習をする場合

仕事の休みや、仕事後、

都合を合わせなければいけなくなりますので、

夜のバンド練習、深夜のバンド練習になることもあります。

仕事のスケジュール、健康管理を

しっかり行っていないと

迷惑をかけることになります。

 

ライブハウスでの一幕

大体の場合は午後から一日拘束です。

午後1時ぐらいから会場入り。

当日のバンドリハーサル。

会場のPAさんに、音のレベルチェック。

そのあとご飯を食べたり。

そして午後6時頃から開場します。

 

冒頭でも言いました。

上下関係。

目上の方、先輩。

やはり長年やってらっしゃるバンドマン

の力量は違います。

そして、横の繋がり。

最初は右も左も分からず、知り合いもおらず

ですが、経験をつむことによって

ピンチヒッター、いわばサポートメンバーのヘルプを任された事もありました。

そういう横の繋がり方が出来てくると思います。

ですが、自分の技術を持って、

周りのバンドマンから力量を認めて貰えない事には

そういうお誘いはまず、あまりないかなと

思います。

 

ライブでの喋り、トーク力。

これはもう経験しかありません。

未だに私も上手くなれませんが

お笑い芸人のように

やはりトーク面白いバンドはなにかしら

人気があったり、出てきたりします。

アドリブに強くなる、臨機応変に対応できる

ガチガチに緊張しては言葉もでてきません。

数をこなさない事にはお客さんの前で

話す、基、歌うことは出来ないと考えます。

 

精神論になってしまう可能性がありますが

 

バンドで大切な事は沢山あります。

楽器に触れる事、観に来られるお客さんから

得るもの、健康面や仕事と趣味が両立できるか。

 

一番は自分が楽しく演奏したり、

歌ったり。

趣味として、好きなこととして確立して

いくのが大切です。

 簡単ですが自分のライブでのギター演奏です。