コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

運転靴!レーシングシューズのすすめ

仕事でのトラック運転、ドライブで

レーシングシューズを使用しています。

別名、ドライビングシューズともいいます。

 

 

PUMA DRIFT CAT

愛用のプーマドリフトキャットです。

f:id:bandsmankoki:20171215183928j:image

履いてみたら分かります。

運転のしやすさを。

 

普通の靴との違いは?

まず、見てわかると思いますが

靴の底が薄いことです。

この薄さは運転のしやすい特徴です。

例えるなら、底の分厚いブーツ

で運転するのはしづらいと思います。

とランニングシューズなどの

運動靴で運転するのでは全然違いますよね?

ブレーキなどのタッチでいうともしもの時

ペダルを踏めなかったとしたら

怖いです。

 

レーシングシューズの特徴

  • 底が薄い

写真の通り靴底が薄いです。

ペダルのタッチや感覚を掴みやすくするためです。

  • 幅が狭い

写真の靴の真ん中を見ればわかると思います。

全体的にもそうですが、土踏まずの部分が狭く

なっていることが確認できると思います。

これも、アクセルワークを確実に操作するためです。

  • かかとが丸い

これも操作性、ブレーキやアクセル

また、クラッチなど

かかとまでゴム部分がくることにより

操作ミスをしやすくなるということです。

 

レーシングシューズの良し悪し

メリット

第一は操作性です。

安全で確実なペダルワークができます。

デメリット

丈夫さに欠けます。

結構、底が剥がれたりします。

 

実際に使ってみた感想

自分自身がモータースポーツが好きということもあり

運転に適した靴を、ドライブに使用したり

仕事マニュアルのトラックに乗るので

クラッチ操作が劇的に変わります。

配送、梅雨の日長靴で運転することが

あったりしますが、はありますね。

慣れてしまえば、長靴でも大丈夫なのですが

レーシングシューズを使うとクラッチをダイレクトに

切れたり、アクセルやブレーキ確実に操作できる安心感。

運転初心者の人こそ、レーシングシューズを使えば

運転、ペダルの感覚を掴みやすくなります。

ですが、欠点はもろいところでしょうか

ずっと使い続けて1年でピリオドを打ったり・・・。

運動靴とレーシングシューズを兼用した使い方が

いいのではないでしょうか?

 

それと長距離歩いたりランニングに

使用するのは向いていないかもしれません。

実際に使用するのであれば

助手席や、トランクなどにもう一足靴

入れておくことをおすすめしますね。

実際に愛車コペンに

レーシングシューズを使用するときは

トランクにもう一足いれていたりします。

長距離、旅行で運転する時の靴。

旅先で行動する時の靴。

それぞれ、使い分けが大事です。