コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

最大積載量と車両総重量で決まる免許の話。

運転免許は最近、複雑化しています。

 

f:id:bandsmankoki:20171117183720j:plain

2017年3月12日以降、現在の運転免許

普通自動車免許

車両総重量:3.5t未満

最大積載量:2.0t未満

乗車定員:10人以下

 

準中型免許

車両総重量:7.5t未満

最大積載量:4.5t未満

乗車定員:10人以下

 

中型免許

車両総重量:11t未満

最大積載量:6.5t未満

乗車定員:29人以下

 

大型免許

車両総重量:11t以上

最大積載量:6.5t以上

乗車定員:30人以上

 

車両総重量と最大積載量、乗車定員

車検証確認

車検証を確認すれば分かります。

大体、トラックに乗るのであれば、乗車定員は無視しますが

 

普通自動車免許で乗れる

トラックの場合の確認ポイント

車両総重量と、最大積載量です。

 

f:id:bandsmankoki:20171217151944j:plain

「何トン車」だからと言って誤解されているところ。

話を整理しますと、例えば

「これ2トン車だから乗れるよ」といっても

車両総重量が2トンという訳ではありません

それは、最大積載量が2トン

なので略称されやすいのです。

 

2トン車で乗れないトラックもある。

2トントラックでも平ボディからバンボディ

 ロングボディのトラックだってあります。

車検証も異なってきます。

例えば、最大積載量2.0tで 

バンボディタイプでロング車の場合

車両総重量5.4tだったり

2トン車でも乗れない車も

あります。

 

実際、仕事で使うなるトラックは

2トン車~4トン車が多いと思います。

それ以外は専門職。

実際に使うとしたら

準中型免許

中型免許

で十分だと思います。

 

準中型免許の費用や限定解除費用

準中型免許は18歳から

普通自動車免許と同じ年齢から取得できます。

 

  • 一から準中型免許を取得する場合

約35万円消費税込みの料金です。

  • 普通自動車免許から準中型免許を取得する場合

限定解除というような形になってきます

実際かかる費用は約14万円

消費税込みの料金です。

 

準中型限定解除とはいえど

消費税込みで費用はかかります。

 

AT車限定の場合は

仕事でマニュアルトランスミッション車

MT車のトラックに

乗らなければ行けなくなった。

 という場合はまず先に

オートマ車の限定解除をしなければなりません。

 

AT限定解除にかかる費用

約4万から5万かかります。

夜間の場合ですと、さらに夜間料金が

別途かかります。

仕事の関係で夜間しか取れない

またいつの時間に教習を

受けに来るか分からない場合は

最初、昼間の基本料金を支払って

追加料金として夜間教習を受けにくる

という手もあります。

 

AT限定解除の流れ

最短で技能教習を4時間

受けなければなりません。

最短で4時間ですので

それ以上かかる場合も勿論あります

 

技能教習内容

  • 半クラッチ
  • 発進
  • 坂道発進
  • 踏切

など基本的な部分が多いですが

半クラッチが上手くいかないと

エンストしますので中々、最短

で取得できず、見送りになる

というのが普通だと思います。

 

まとめ

車検証を確認すること

車両総重量最大積載量

また乗車定員を見ることも大事ですが

 

ここで発信していることは情報ですが

100%正しいとは言いけれません

ちゃんと確認する場合は近くの公安。

最寄りの警察署で確認するのが確実です