コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

注意点を守れば、カーバッテリー交換は自分でできます!

f:id:bandsmankoki:20171230190923j:image

予期せぬうちに

バッテリーが上がった

何てことありませんか?

 

カーバッテリーは店頭で買うよりも

インターネットショッピング

比較的安く買う事が出来ます。

 

車のバッテリー

いわゆる、カーバッテリー

自分で交換はできます!

 

ですが、注意しなきゃいけない点があります

 

 

 

 

バッテリー交換時期

バッテリーによって

使用頻度長寿命型な物もあり

一概にとは言い切れませんが

  • エンジンのかかりが悪くなった
  • ライトのつきが悪くなった

など、交換してから1年半~2年超えだしたくらいから

意識し始めるといいかと思います。

事前に交換するとバッテリートラブル

が少なくなると思います。

 

そして使用頻度を踏まえて

事前のバッテリー交換時期は

 

秋口

 

夏はエアコンでバッテリーを使いますし

冬場は車を放置するとバッテリー上がりを

発生しやすくなります。

それを踏まえると秋口がオススメかと思います。

 

バッテリーの充電、蓄電

バッテリーは車を使用していないと

能力が落ちます

 

使っていない日でも

アイドリングでも1時間

ドライブでも20分~30分

(短距離でエンジンを止めるのはNGです)

車を動かし走行してあげるとバッテリー上がり防止に

繋がります。

 

交換前に準備するもの

  • 手袋
  • スパナ
  • 保護メガネ

 

  • バックアップ電源

 

バッテリー液は希硫酸です。

に万が一、付着したら大変です。

 

そしてバックアップ電源になりますが

車のメモリー。

いわゆるカーナビ類の全てのデータ

メンテナンス記録ナビ登録住所

バッテリーを外すと全部飛んでしまいます

 

交換手順

この手順だけは絶対に守ってください

ショートの原因などに繋がります

 

予め、車の鍵を外し、

そしてバッテリーについている固定用の

ステーを外してください。

 

f:id:bandsmankoki:20171230190704j:image

 

マイナス(-)側のケーブルから外す

プラス(+)側のケーブルを次に外す

③古いバッテリーを外し、新しいバッテリーを設置

プラス(+)側のケーブルから装着

マイナス(-)側のケーブルを次に装着

f:id:bandsmankoki:20171230191048j:image

 

ケーブルの手順は「-++-

と覚えてください。

プラス側のケーブルは

カバーがされていると思います。

それを、基準にみると分かりやすいです。

 

バッテリー液は硫酸です。

バッテリー液希硫酸です。

に入ると危険ですので

絶対に手袋や、保護メガネをしてください。

インターネットで買うとカーバッテリー

処分引き換え券(返送)

が付いてくる場合があります。

 

カーバッテリーの処分方法

先ほども言いましたが

インターネットで買うと返送して処分

してもらえる場合がありますが

カーバッテリー廃棄処分

する場合は事前に調べてから処分

されてください。

中身は希硫酸です。

 

バックアップ電源について

なぜカーバッテリー交換

バックアップ電源必要

 

先ほども紹介したかと思いますが

カーナビ類のメモリ

全部消えてしまう事になります。

ナビに入っているメンテナンス情報

登録している住所録などが

消えてしまうことになります。

その他、ナビの設定が初期化されてしまいます。

 

バックアップ電源をケーブルに接続することにより

電源が供給されることになりますので

ナビ情報などが消去されずに済みます。

 

まとめ

カーバッテリーの交換は

手順を守れば比較的簡単に済みますが。

バッテリー液希硫酸などの事を考えれば

カー用品店ディーラー

整備工場などで交換するのもいいかもしれません。