コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

ハイビームとロービームの使い分け、夜間走行時はどっち?

f:id:bandsmankoki:20180117230114j:image

夜間走行時のヘッドライトは

基本的にハイビームです。

 

前照灯。

 

ロービームと呼ばれるものは

正式名称「すれ違い用前照灯

と呼ばれ

一方、ハイビーム

走行用前照灯

と呼ばれます。

 

 

 

 

深夜はハイビーム。

深夜ルート配送やっていたいた頃は

交通量が極端に少なく対向車も

たまにしか、こないので

基本的にはハイビームです。

むしろ、ハイビームではないと

安全に視界が見えないので

適度に使い分けていました。

 

実際のライトの点灯は

実際だと、ロービームの時が多いですよね。

帰宅ラッシュ

特に冬場だと日照時間が短いので

通勤の帰り道、帰宅ラッシュ時は

もう、真っ暗。

ですが交通量が多い時は他の交通の迷惑を考え

ロービームが多いですよね。

たまにハイビームにしっぱなしだと

「眩しいよ!」とパッシングされたりなんてありませんか?

基本的に

  • ロービームは前方40M
  • ハイビームは前方100M

まで見通す事ができます。

これをふまえ、交通状況に応じて

使い分ける事が大事かと思います。

 

どういう風に使い分けるか

例えば、片側1車線

交通量が多少なら

見通しがきかないカーブなど

障害物や人がいないか確認する時に使用します。

 

見通しの悪い交差点や優先道路に出る際

自分がここにいますという意思表示です。

見通しの悪い交差点で徐行しパッシングしながら

走行したり。

実際に習慣づけると

相手側からしたら注意を促されているので

事故を未然に防ぐことができます。

因みに、運転免許取得の際

自動車学校の学科教本にも書いてあることですが

実際に実践している人をあまりみかけたことが

無いような気がします。

 

番外編

では、雨天時や霧などではどうでしょう?

雨天時は車幅灯を点けましょう!

雨天時は雨により視界が悪くなります。

いつもより視界が暗かったり場合によっては

霧が発生していたりします。

ポジションランプ

一般的には「車幅灯スモールランプ

と呼ばれます。

 

深夜の霧の発生時。

これ深夜のルート配送の時に

出くわしたこと何回もあります。

一言で「最悪な状況」です。

霧の中で光が乱反射?

ロービームがいいのでは?

と言われますが

実際体験してると

正直言って、状況によります。

かえって、ハイビームが良かったり。

寧ろ何も見えないから徐行するしかなかったり。

 

私の経験なのですが、ハイビームの方が

先を見渡せるような気がします。

どうしても先が見えない時

ハイビームにしたからこそ

障害物が見えたりもします。

 

まとめ

上向きか下向きか

ハイビームロービーム

基本的には夜間走行はハイビームです。

使い分ける時はその場の状況に応じて

 

そして

灯火類はいざという時切れていたりもします。

 

ブレーキランプがよく見かける例です。

ウィンカー、ハザード類もそうですが

ウィンカーの場合はハイフラを起こしますが

 

日常での点検

そして周りの人にランプ切れてると言われたら

すぐ交換しましょう。

 

夜間は早めの点灯で安全運転に!