コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

トラックのアクセルはオルガン式って知ってます?

トラックペダル類

クラッチブレーキ、そしてアクセル

というような3ペダル構造が当たり前になっていますが

トラックのアクセルは、ほぼ

オルガン式ペダルです。

 

 

 

吊り下げ式ペダル

f:id:bandsmankoki:20171229165249j:plain

一般的に乗用車のペダルは

吊り下げ式

写真のように上から吊り下げられています

ですが、一部例外

マツダロードスターなんかは

オルガン式のアクセルペダルを採用しています。

 

オルガン式ペダル

f:id:bandsmankoki:20180118224241j:plain

その名の通り、楽器の様

下に張り付いている様な構造です

写真で見ると分かりやすいですね。

 

オルガン式ペダルのメリットとは?

 

トラックではこのオルガン式アクセルペダルです。

そのメリットはあるのでしょうか? 

 

アクセルコントロール性

実際に踏んで見ると分かります。

微妙な回転数を維持でき

半クラッチからの

発進。

坂道などでの微妙なアクセルのあおり方など

操作性はいいものです。

 

踏み間違い防止

アクセルとブレーキの踏み間違い防止の為にも

存在します。

ブレーキが吊り下げ式

アクセルがオルガン式の場合

極端に踏み方が違ってきますので

そのメリットはあります。

 

オルガン式ペダルのデメリットは?

慣れていないと、足が疲れる

という、ところですかね。

 

そしてコストも吊り下げ式のペダルよりも

オルガン式ペダルの方がかかると言われています。

ですので乗用車には採用されていない

1つなのかもしれません。

 

まとめ

一般的に吊り下げ式の乗用車に乗っている

人が殆どだと思いますが。

恐らく、トラックに乗車するような職種の方は

共感できるものではないかなと思いました。

 

こればかりは、実際に乗ってみないと分かりません。

実際にトラックにでは

クラッチを踏んでギアを操作し

吊り下げ式ブレーキペダルからの

オルガン式アクセルペダルで発進

 

要は慣れです。