コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

ちょっと気になるM-55、カオスバッテリー

今現在コペンに装着しているバッテリーは

パナソニック製の

ブルーバッテリーカオス

M-42という型番です。

 

今年の夏頃にはバッテリー交換してから

約2年経過しようとしています。

今のところ全然不調は、ありませんし

やはり評判も良く

比較的、高価なバッテリーは

長持ちするんだなと実感しました。

f:id:bandsmankoki:20171229142749j:plain

カオス M-55

 

f:id:bandsmankoki:20180121155322p:plain

新商品が出ていた事を知りませんでした。

コペンのバッテリー規格は「Mー42」ですが

この「Mー55」は同等に使えます。

  • ハイスペックアイドリングストップ車用バッテリー
  • 大容量最高水準
  • 長もち 約1.8倍
  • カーオーディオ 音質が変わる
  • あんしん設計

というような概要ですが、

今使っているカオスプロM-42

普通のブルーバッテリーカオスならば

オーディオの音質が変わるようなスペック

なのですがこの従来のカオスプロ

そのスペックを満たしていませんでした

 

 

カーオーディオの音質が変わるとは・・・

果たしてどうなのでしょうか?

確かにバンドマンな私は

機材時代、高い物にすると音がクッキリ

したり、電源タップでも高い物が売られたりしていました。

 

大容量バッテリーカオスM-55

現時点の「M-42」で不満などはありませんが

先ほどの概要にも記載しましたが

アイドリングストップ作動限界

約1.8倍長くなるみたいです。

ということは

アイドリングストップ時の燃料消費が抑えられる

と同時にタフなバッテリーと言える事になりますね。

 

カー用品店で買うと少々お高い

かなり、ガソリン代やエコに貢献でき

しかも長持ちでトラブルが少ないバッテリー

とも言えますが、恐らくカー用品店で

真っ正直に買うと費用が掛かりますので

個人的にはインターネットで購入して

自分で交換した方が安く上がるかと思います

交換の仕方も載せてますので

あわせてご覧ください。

 

www.copen-660gt-koki.info

 

まとめ

恐らく次に買うのはこの

カオスバッテリー「M-55」でしょう。

もうすぐ交換して2年になりますが

不調という不調は無いです。

ですが、事前にトラブル回避するために

秋口頃、交換しようかなと考えております。

 

いざという時に、安物バッテリーでは

バッテリーの当たりはずれがあるという都市伝説

も聞いたこともあります。

 

それだけ、性能や寿命が短いということでしょう。

バッテリー交換する時は少し高いものを

買ってあげると、寿命も長く使え

トラブルも少なく使えるかと思います

が、しかし、冬場放置していたり

チョイノリ程度が多くては

やはりバッテリーが上がりやすくなる要因

作ってしますので注意が必要です。