コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

【ピカキュウ】コペンのナンバー灯とルームランプ を替えてみた!

ピカキュウのLEDバルブ。

 以前の記事でも紹介しましたが

www.copen-660gt-koki.info

 

 

届きました!

f:id:bandsmankoki:20180123201943j:image

「PikaQ」と書かれた小さく可愛い

クリアファイルまで

納品書等と一緒に付属してました(笑)

 

左がナンバー灯。

右が、車内灯なります。

 

 

 

 

比較動画

初めにナンバー灯の

比較動画を作成してみましたので

見比べてみてください。

 

 

コペン ナンバー灯、交換方法

交換方法及び、手順は至って簡単です。

  • 用意するのはマイナスドライバーぐらいです

f:id:bandsmankoki:20180123202421j:image

黒の部分が根元部品になりますので

そこは、手でも外せますが

マイナスドライバーなどを使い

リモコンの電池カバーみたいなツメ

端の引っ掛け部分ですね。

下に引き抜く様な感じ

取れます。自分は手で外せました。

 

そして、ライトのカバー部分

マイナスドライバーを使わないと思うように外せません。

隙間にドライバーを入れテコの原理で

左右どちらかに倒します。

そうすれば取れるはずです。

 

あとは古い白熱電球外し

LEDバルブを装着するのみです。

この時、夜間の走行後なら

電球の熱による火傷に注意しましょう!

 

点灯確認 

必ず新しいLEDバルブに付け替えたら
ちゃんと装着できているか、初期不良はなど起こしていないか。
点灯の確認をしてください。

 

スモールランプをつける程度で大丈夫です。

f:id:bandsmankoki:20180123203756j:image

 

はい!点きました!

 

純正白熱球で50lm相当

 

このピカキュウ製LEDバルブは80lm相当と少々明るいものを選びました。

 

LEDバルブ

f:id:bandsmankoki:20180124214254j:image

白く、明るくなりました。

80lm相当

 

純正バルブ

f:id:bandsmankoki:20180123204828p:image

50lm相当

比較してみると分かりやすいですね。

純正バルブはあかりは見えるものの

黄色っぽいのに対し。

 

ピカキュウ製LEDバルブの方は白っぽく。

明るく、下の方まで光度があります。

 

コペン ルームランプ 交換

簡単です。

 

手順はカバーを外すだけ(笑)

 

そして電球を付け替えます。

 

f:id:bandsmankoki:20180123205355j:image

 

LEDならではの白さ!

 

比較してみましょう

 

 

純正バルブ

f:id:bandsmankoki:20180123205514j:image

一応遠目で見ても確認は出来ます

 

LEDバルブ

f:id:bandsmankoki:20180123205548j:image

明るいですね。

遠目でも室内全体を照らしています。

白くハッキリしました。

70lm相当になります。

消費電力は1.0W(純正は5W)

 

確かに明るいですが、走行中も支障にならない程度かと

感じました。

 

まとめ

価格は1,093円1,311円

とお求めやすい価格です。

決して粗末な作りではなかったです。

 

価格帯ですが、ピカキュウのめちゃくちゃ明るいバックランプ

は普通にフィリップスよりも高かったりもします。

評判は相当明るいらしいです。

今度はそちらのバックランプやウィンカーを

装着させてみたいと思っている

ライセンスナンバー灯と

ルームランプをLED化した私でした。