コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

コペンにマジックタンク。その効果とは?

マジックタンクって分かりますか?

マジックタンクって聞いた事ありますか?

マジックタンクって何?

 

マジックタンクとはブーストアップ装置です。

 

f:id:bandsmankoki:20171217002340j:plain

簡単に言えば、車の馬力トルク

アップさせるものです。

ターボ車に限ります

 

軽自動車64馬力、の壁を少し超えてみませんか?

というような装置です

 

私のLA400Kコペンにも

マジックタンクを装着しています!

 

 

 

マジックタンクとは

  • スムーズで鋭い加速を実現!
  • 全域でパワー・トルクアップ!
  • ターボチャージャーの耐久性アップ!
  • ブースト圧調整機能付き!(約0.1~0.2キロアップ可能)

 ターボ車の多くは「VSV」と言う純正パーツでブースト圧を制御しております。「VSV」とは水温が低い時や急加速時にブースト圧を低くしたり、車のコンディションや状況に応じコンピューターからの信号を受け作動するパーツです。しかし「VSV」の構造上、作動時に脈動が発生してしまい、脈動はターボチャージャーの過給圧を制御するウエストゲートバルブを小刻みに開閉し、スムーズな加速が出来なくなったり高回転域でのパワーロスが生じます。時に脈動はエアクリーナーから断続的な不快な音が生じる事もあります。そこで『マジックタンク』を装着すれば脈動を大幅に減少させ、スムーズな加速とパワーを得ると同時に不快な作動音も消し去る事が出来ます。ウエストゲートの動きが安定する為、ターボチャージャーの無駄な動きが減り耐久性もアップいたします。

 

ブーストコントローラーという訳ではありません。

そして社外品のブーストコントローラーとの兼用はできません。

 

実際のマジックタンク効果は?

一番最初に取り付けた時の印象で言うと

「あー、こんなもんか、こんな感じかー」

と、さほど体感できるか分からない様な

感じでした。

 

この製品、マジックタンクには

ブースト圧を調整できる「スクリュー

で調整をします。

締めるとブーストを抑え

緩めるとブーストアップします。

 

どのくらいが適正なのか・・・。

あまりブーストを上げすぎると

エンジンは大丈夫なんだろうか

と言う心配はあるかもしれませんが

この手のマジックタンクの製品は

純正の車体であれば

ブーストカットされます。

 

なので自分は2.5回か、3回転ほどで調整しています。

自分の車は現在、社外製のむき出しエアクリーナー

社外品のリアピースマフラー、社外品ブローオフバルブなど装着しています

更には燃料もハイオク仕様です。

純正の状態とはちょっと異なりますが、

 

坂道高速道路や登坂車線など

追い越しは楽々です。

車種はダイハツのコペン

LA400Kは元々出だしのトルクが強いほうですので

さらに低速トルクが増した感があります。

アクセルを踏んだ時のトルクが太く、

多少のアクセルの微調整で速度がついてくるような感覚です。

 

マジックタンクまとめ

マジックタンクはちょっとしたオモチャ。

というような感覚を持たれがちかと思います。

ですが、物自体は¥20,000します。

他のブーストアップ装置に比べたら

安いのかもしれませんが、

正直、2万という出費は結構するかと思います。

ガソリンだったら何リッター入るでしょうか?

手軽にブーストアップする装置として導入するには

もってこいのアイテムともいえます。