コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

教習所では多分、教えてくれない、S時やクランクなどの狭い道のコツ!

f:id:bandsmankoki:20180105231900j:plain


自動車学校、教習所ですが

S時やクランク。

 

必須科目ですよね。

では、場内による仮免で

そこを通過しなければ合格出来ません。

 

なぜS時やクランクが必要なのか?

言うならば、様々な場面の道でも

臨機応変に対応できる技術が、

運転免許には必要になってくるからですよね。

 

普段、まっすぐな国道を走っていたとして

まずハンドルを切るのはカーブに差し掛かった程度だと思います。

 

ところが普段仕事でトラックの運転をしていると、色んな道に出くわします。

 

凸凹道。

狭い田舎道。

 

そんな時に、臨機応変に

頭の中で、どの角度で進入するか

と言う計算をいつも頭の中でしています。

 

空間認識能力を高める

まずは、自分が車道のどこを走っているのか

ハンドルは10時10分

自分が車道の真ん中にいるような感覚。

これは、教習所内でも教えられることですが

やはり、ここの基本をしっかりと理解していないと、車は運転できません

 

バックで駐車するのがいい例です。

空間認識ができていないと

駐車スペースに車を停めれません。

 

サイドミラーに頼りすぎない

「サイドミラーを見れば、白線のどこを走っているのかわかる」

確かにそうですが

 

白線が無い、狭い道で車が

行き来するところではどうなるでしょうか?

 

私のトラックなどでの幅寄せでやってるコツとしては

 

車の左フロントとガードレールなどの車両感覚。

極端な話をしますが

車には死角があり、自分なりに

幅寄せや前に詰めてみたとしても

車の死角により

 

思ったよりもスペースがあった

と感じることはありませんか?

 

そこで空間認識能力を高めるのです。

ですが、自信過剰になりすぎるのもいけません。

事故の元になります。

 

例えば

ガードレールなど、左に限界まで詰めたとして

どの程度まで、車道に余裕があるのか?

対向車が来ても通れるスペースはあるのか?

 

と、いうふうような計算や感覚を研ぎ澄まさなければいけないと思います。

 

どうすれば運転が上手くなるのか?

こういうような、S字やクランクのような道を

 どうすれば上手くなるか?

 

数をこなすしかありませんね。

 

運転しなければその感覚というものは鈍くなります。

実際に腰を痛めて、久しぶりにトラックに乗る感覚。

新鮮味がありました。

 

そこで、やはり運転を上手になる為には

練習するしかありません。

 

白線を走るとき真ん中を意識して走行してみる。

ずっと、まっすぐな道で試してみください。

サイドミラーに自分の車は真ん中に走れているか?

それとも、どっちか片方だけ偏っているか?

 

これで、自分が走行している位置がわかってくるはずです。

 

白線ギリギリで車両がどれくらいの位置にあるのか

これはあまりやらない方がいいのですが

 

やるにしても、人目がつかなく迷惑がかからない

なおかつ安全な場所で練習してみてください

 

ここで目には見えない死角が見えてきます。

 

 特に左側。

左にいっぱい寄せた、と思っても

そんなにいっていなかった、ということもあります。

 

信号待ちの停止線で前方の位置確認。

意外と停止線を意識しても死角により

思った場所に停まっていなかった

という事は多々あるような気がします。

 

ですので、停止線と車の位置関係。

普通車、いわば乗用車であれば

アクセルやブレーキのペダル位置が車の頭だと

思って停止してみれば狭まります。

 

因みに

トラックなどについているアンダーミラー
と呼ばれる前方の下を見る為のミラーがあります。

元々は死角が見えるように作られているものですが

それを見て停止線を意識して停止しています。

 

まとめ

これらのことをまとめると

外輪差や内輪差なども影響してくると思います。

ですが、運転するのも数をこなす。

これだけです。

 

私もトラックに乗るのは最初苦労しましたが

毎日車を乗る。

そして運転するような仕事をしていると

そんなもの当たり前のように思えてきます。

何より大事なのはそれを習得することにより

ちゃんとした運転で事故なく目的地にたどり着いたり。

人を乗せて送り迎えする事なんだと思います。