コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

軽自動車と2tトラックを乗りこなす。

私の車はコペンです。

コペン は軽自動車です。

 

実家の車も軽自動車です。

 

ですが、2tトラックを乗りこなします。

箱車、バンタイプで後ろも見えません。

 

 

 

 

軽自動車と2tトラックを乗りこなすには

普通乗用車ならまだしも

軽自動車から仕事で2tトラックまで乗ります。

その、幅広い車を乗りこなすには

どうすればいいか?

答えは、経験と慣れ。

なのは当たり前なのですが

ちょっとしたことを意識するだけで

運転が変わってきます。

どうすればいいのでしょう?

 

車の全長を意識する

ガードレールや、縁石を乗りあげない為には

大きい車を運転する時に

車の全長を予め予測して置くことが大事です。

そうする事により

大きい車をで右左折する時に

どのくらい膨らませれて

右左折すれば車体にかすらないだろうか

という予測がだんだんと分かってくると思います。

 

外輪差と内輪差を意識する

この外輪差の内輪差というのは

前後のタイヤの軌道。

 

つまり内輪差とは右左折時

進入する内側の差の事を示し。

 

外輪差はその外側の差の事を示します。

 

大きい車でやってしまいがちなのは

この内輪差の方が多いと思います。

先程説明した通り

車の全長を把握して

なおかつ、その右左折に発生する内輪差

を計算すれば

ある程度の大きな車も運転できると

私は思います。

 

後退、バックを上手くなる。

車のバックがちゃんと、ぶつけずに出来る人は

空間認識力が優れていると

私は思います。

主に、バックする時などに外輪差に気をつけ

なおかつハンドルをどう扱えばいいのか

 かなり重要になってくるかと思います。

 

まとめ

運転が上手くなるには

狭い道を使っていると練習にもなりますが

ここで間違えていけないのが

狭い道が得意などの理由で運転が上手い

というのは少し、違う気がします。

私は、2tトラックに乗る上で車間距離や

周りの安全がどうか、を確認する事が多いです。

自分に過信しすぎる事はあまり良くないのかもしれません。