コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

煽り(あおり)運転の危険性とその罰則について

最近ニュースであおり運転が問題になっています

 

そもそも煽り運転とは?

前方の車との車間距離を極端に縮め

危険性が高い運転の事です。

 

個人的に思う多い傾向は

DQN、ヤンキーと呼ばれる、俗に言う不良。

そして、あまり運転に対して疎い女性などが多いように感じます。

 

煽り運転は時に事故につながる恐れがあります。

 

ニュースでのあおり運転について

三重県での出来事です。

77歳の容疑者が逮捕。

という、行き過ぎた結果に

 

30km/h制限の片側一車線の道路で

制限速度を守って走行

 

そして後方の車が追い越し

 

容疑者「わざと、ゆっくり走っとんのか!?」
被害者「あそこ時速30km規制ですよ?」
容疑者「バカたれ!」
被害者「危ないです、危ないです」

 

暴行に至る程。

 

罰則自体は?

丁度、昼の休憩時間に

情報番組を見ていました。

せいぜい10万円くらいの罰金らしいです。

 

えっ?!安くない?!

こんな危ないニュースなのに?!

 

正直なところ、こういうことはよくある事だと

思います。

 

煽り運転について

30km/h制限の所を30km/hで

走っている車を見ると、遅いなぁ・・・。

と感じる事はありますし

せいぜい、我々は40km/hくらい出したないると思います。

 

そんな車がターゲットにされやすいのですかね。

 

私は仕事柄、貨物車に乗るので

経験が多数あります。

荷物を多く詰んでいる時です。

ですが、これは業務上。

仕方ない事です。

 

煽り運転の対策法

箱車に乗っていると

サイドミラーしか見えないので

「車間つめられてるなぁ。」程度にしな思えません。

つまり、ルームミラーを必要以上に見ない事も時には大事です。

 

相手にしない。

 

はっきり言って煽ってきたら100km/hぐらいで前の車を打ち抜く、くらいの気迫。

リアバンパーに「煽るな」と書いたステッカーを

貼るぐらいの気持ちでいると

逆にいいのでは?

 

まとめ

最近、煽り運転については、厳しく

取り締まりが行われています。

ナンバーと、その場の情報記録したドライブレコーダーがあれば一発免停も可能。

という程らしいです。

煽りの行為を受けたら相手にしないか

道を譲るということが一番安全ですが

 

個人的には運転席側の窓からゴルフクラブを

出すと撃退するという話も聞いたことがあります(笑)