コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

ブレーキを強化した方がいい理由、現在のLA400Kコペンのブレーキに不満。

日頃からドライブする車で

山道やワインディングロード。

はたまたサーキットを兼用するよな車は

一番にブレーキ強化を推奨します。

 

 

ブレーキの耐熱性や制動力

私のLA400Kコペンは

フロントのブレーキパッドだけ

スポーツタイプのパッドに交換していますが

正直、それだけでは不安があります。

 

本来ならブレーキローターとブレーキパッド

セットで交換した方が、制動力にも差がついて

絶対的な安全性もますかと思います。

 

ワインディングを全開で走った後

例えば、かなりアクセルを踏み速度を出し

そしてコーナー(カーブ)でブレーキを踏む

アップダウンの激しい山道。

 

山道を下りて、フロントのディスクブレーキ周辺に立って見ると、まるで

ストーブのように熱気が伝わってきます。

 

それだけ熱をもっています。

どノーマルだったら

フェード現象起こしてもおかしくない状況かもしれません。

 

ブレーキパッド、ブレーキローター、ブレーキシュー

前輪ディスクブレーキ

後輪ドラムブレーキ

という構造が多いもので

 

ディスクブレーキの強化、

とりあえず、ローターやパッドだけ強化する

という人もおられるのではないでしょうか。

 

ですが、全体のバランスを考えると

後輪がドラマブレーキならば

ブレーキシューも交換。

トータルで考えると

全体のバランスも取れるかと思います。

 

どうせならブレーキフルードも

大体ブレーキフルードとクーラント剤は

2年に1度交換になりますので

その時にスポーツタイプのブレーキフルードに

交換するとより一層ノーマルよりも効果が得られるかと思います。

 

まとめ

制動力は命です。ですが

 

普段の街乗りであれば

ノーマルで問題ありません。

というか、山道でも普通通りに走って入れば

問題ないかと思います。

もしも今のブレーキに不満があったり

普段から趣味でワインディングロード。

山道を多走行するのであったり

サーキット走行を予定しているのであれば

ブレーキを強化する事は大事かと思います。