コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

運転免許取得の適性検査、視力検査、深視力検査について

f:id:bandsmankoki:20180328204256j:image

自動車学校で

運転免許を取得する際に適性検査。

必ず、視力検査を受けなければなりません。

 

そして深視力検査ってご存知ですか?

今回は運転免許の視力検査について

まとめてみました。

 

入校資格について

まず色別できる事が条件ですね。

赤、青、黄の識別が出来るか。

 

そして健康診断なんかでの

上下、左右の視力検査。

 

視力について

普通自動車免許

片眼0.3以上 両眼0.7以上

準中型免許免許以降

片眼0.5以上 両眼0.8以上

 

普通二輪や大型特殊といった運転免許の

視力検査は普通自動車免許と同じです。

 

運転免許次第でこんなに変わってくるものなのですね。

 

深視力検査とは

準中型免許や中型免許、大型免許になってくると

「深視力検査、深視力、平均誤差2.0㎝以内」

遠近感、立体感。

つまり、物が近くにあるか?遠くにあるか?

という検査なのです。

 

検査内容

検査の内容としては

3番の棒があります。

三番の棒のうち、真ん中の棒だけが

前と、後ろへ、動きます。

 

その時、真ん中を理解できているか?

という検査になります。

 

棒は、前へ後ろへ動きますが

その平均誤差が2.0㎝以内という事になります。

 

いまいち、ピンと頭に来ない人は

深視力検査、と検索したら

深視力検査のアプリがあったりしますので

それで体感してみるのもアリです。

 

まとめ

私は生まれつき視力はいいのですが

目がいいだけではダメ。

というところではないでしょうか。