コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

【エピソード3】準中型免許、取得します!ドキドキの技能教習。

f:id:bandsmankoki:20180105231900j:plain

会社の命令により

準中型免許を取得することになりました!

 

ようやく技能教習が開始します。

 

 

準中型免許5トン限定解除 1時限目

一時限目。

一日目ですね。

 

仕事が終わり

会社から直で来ました。

1時間ほど余裕があったので今度から

一旦帰ってきてから自動車学校に行こう・・・。

 

インストラクターの方ともご挨拶し

いざ技能教習へ

 

1時限目教習開始

結論

インストラクター「教える事は何もありませんので検定に向けて頑張って下さい」

 

発進、OK

S字クランク、OK

坂道発進、OK

方向変換、OK

縦列駐車、OK

 

普段からトラックに乗ってるのでこういうオチでした。

 

次回からは検定に向けてのコースなどおさらい。

前方よし、後方よしなどの、確認事項などの

おさらいなどでした。

 

余熱表示灯、消灯を確認

f:id:bandsmankoki:20180409224833j:image

グロー表示灯、消灯を確認後、エンジン始動

 

余談ですが、

これはあまり知りませんでした。

ディーゼルトラックのエンジンの始動と

普通車のエンジン始動の仕方は違うという事です。

普通にエンジンをかけたら

 

「ちょっと待ってくださいね!」と

 

これは普通車のエンジンかけかた

 

ディーゼルトラックの始動の仕方は

グローを確認してエンジン始動という事なのですね。

 

余熱で温めて、エンジン始動。

というのがディーゼル車にエンジンに優しいみたいです。

 

後は卒検を待つのみ

強いて、厳しい所を見るならば

ハンドルさばきを丁寧に。

でした。

やはり、いつもの癖が運転に出ているのですかね。

 

まとめ

準中型5トン限定解除は

普段からトラックに乗っているなら

余裕な項目だとは思います。

まさかとは思いましたが

 

後は卒検を控え、

一つ一つの動作を丁寧にしていくとともに

残りの時限数を有意義に過ごしていければなと思います。