コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

お次はD-SPORTのブレーキローターか?

先日、LA400Kコペンのブレーキシューを

交換したばかりの私です!

 

まだまだ路面のシュチュエーション

を試していないのでなんとも言えませんが

 

 

D-SPORT ブレーキローター TYPE R

フロントは

スポーツブレーキパッドに交換しています。

リアは

スポーツブレーキシューに交換済みです。

となったらお次はフロントのブレーキローターでは?

同社、ダイハツ、D-SPORTから

ブレーキホースや、ブレーキフルードもいい商品が出ていますが

車検前に交換すればいい話です。

では、フロント、

ディスクブレーキのブレーキローターを

交換するメリットとは?

絶対的な制動力を得られます。

ブレーキローターのスリットの有無

高性能のブレーキローターに変えると

材質も多少なりとも違ってきますが

スリットと呼ばれる縦線が入ったような

ブレーキローターになる場合が殆どです。

これにより、ノーマルよりも制動力が得られ

例えば

サーキットを走行する上で全開で走って

コーナーでブレーキングする時の制動距離の短縮。

 

山道などをドライブする時。

曲がる、止まる。というブレーキングが確実に

行われると共にフェード対策の強化

楽しくドライビングできる訳です。

 

一般的な街乗りに必要か?

不必要と言えば不必要です(笑)

普通に加速して車間距離を保ち普通に

ブレーキングする。

そんな事でブレーキがすぐ壊れるわけもありません。

ある意味自己満足の世界でもありますが、

考え方によっては

よく走るクルマ、ブーストアップされている車

などはそれに似合ったブレーキシステムは

必要かと思います。

どちらか片方だけ偏ってしまうと

バランスが取れなくなりますからね。

 

まとめ

ここまでブレーキシステムに

そこそこお金をかけてきましたが

車を弄り出すとキリがありません。

安全な車で安全な運転をするという事が

運転手の一番の務めですね。