コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

LA400Kコペン、元痛車乗り時代の末路。

お題「わたしの黒歴史」

以前にも言いましたように

私のコペンは、

この現行、LA400Kコペンは

元々、痛車仕様にしていました。

 

 

痛車にする前の自分

まだまだ、チューニングも、

カスタムもしていない

ドノーマル。

 

可愛らしかった頃のコペンちゃんです・・・。

f:id:bandsmankoki:20180428221636j:image

 

痛車にした時の自分

まずはボンネットから

ステッカーを貼りました。

この、どでかいステッカーは

自ら発注し、自分で貼り付け施工を

行いました。

f:id:bandsmankoki:20180428230457j:image

遠目から見ると分からずらいのですが、

LA400Kコペンって曲線を生かしたデザイン

なので、ステッカー自体に、気泡が入り

エア抜きが大変でした。

多少残ってます。

 

この写真は、熊本の菊陽で痛車イベントが行われた時に

撮った写真です。

軽自動車の痛車イベントで

当時このLA400Kコペンが出回った当初でしたので目立ちました(笑)

 

雑誌で取り上げられる始末

痛車系専門雑誌。

痛Gグラフィックスさんの

イベント紹介のページに

 

オーナー名として、

コペンローブ KOKIさん。

と大々的に乗りました。

 

先ほども申し上げましたように

当時コペンローブが発売された当初でした。

ツイッターでも、拡散されたり。

f:id:bandsmankoki:20180429000946j:image

 

ボンネットだけでは飽き足らず

f:id:bandsmankoki:20180429001405j:image

だいぶ、「黒歴史」化してきた頃じゃないでしょうか(笑)

この頃はまだ純正ホイールのままです。

確かアルミホイールは

発注をかけてはいましたが入荷予定が未定でした。

 

事件は起こった、痛車事故。

以前の記事でも紹介しましたが

貰い事故。

この時は最悪でしたね。

幸い、ドライブレコーダーが証拠となり。

10対0でこちらが有利に。

 

ですが、熊本地震が起きた数日後の出来事だったのです。

事故車が戻ってくるのは結構後になりました。

2ヶ月程度待ったような気がします。

代車の手配も中々手こずりました。

f:id:bandsmankoki:20180429002030j:image

フロントバンパーごとえぐり取られています。

幸い、大きな事故に繋がらなく良かったのですが、

痛車の事故となると・・・。

視線が痛い痛い・・・。

 

今現在に至るまで

f:id:bandsmankoki:20180429002222j:image

恐らく、

ナチュラルにいい車。

程度はあるかと思います(笑)

 

そう考えるとこの車、コペンローブ。

かなり冒険しましたね。

 

まとめ

痛車でも、女の子とはデートできます。