コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

110番と119番どちらが優先?事故マニュアル

まず、交通事故など

絶対、起こしたくないものです。

 

ですが、ほんの不注意。

 

自分は良くても

相手から貰う事故のケースもあります。

 

 

交通事故を起こしたら

f:id:bandsmankoki:20180209221045j:plain

車対車

車対バイク

車対自転車

車対歩行者

 

それぞれ事故のケースは変わってきても

人命の救助が最優先されます。

119番、

してからの

110番。

 

ですが、両者どちらも

 

警察と救急は

 

連動しているので

110番先にしても

「怪我人はいますか?」

と訪ねられます。

 

110番の場合は

「事故ですか、事件ですか」

119番の場合は

「救急ですか、火事ですか」

と聞かれます。

 

その後に、自動車保険への連絡。

 

レッカーなど必要な場合は

事故受付の担当者の話をよく聞いて

対処する。

 

 

全体の流れとしては

 

  • 事故発生
  • 人命安否確認
  • 警察、救急、連絡
  • 自動車保険会社への連絡

 

職場、会社への連絡?

状況にもよりますが

直属の上司。

会社の社長。

一報、連絡を入れるのが良いかと思います。

 

自賠責保険、車検証、免許証の確認

警察が到着した時の確認事項になります。

 

  • 身分証明の確認。

免許証提示ですね。

 

そして車の中。

 

  • 自賠責保険の確認。
  • 車検証の確認。

 

因みに自賠責保険。

強制保険ですが、

自賠責が切れていた場合

罰則があり

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 違反点数6点

切れているという事は中々ありませんが

 

たまに車検切れと自賠責切れの両方。

があったらるらしいのですが

 

因みに

車検証切れも同じような罰則になります。

 

自動車保険、任意保険の連絡、レッカー要請

これまでが絶対的な義務になります。

あとは保険会社同士のたたかいになります。

 

ドライブレコーダーがある場合は

 

有利になる場合がありますので

絶対提出しましょう。

 

そして車の損傷状態によっては

レッカー移動になりますので

自動車保険のレッカー移動を使ったり

 

JAFの会員であればJAFに電話をして

応援を要請したり。

 

JAF会員は年会費さえ払えば

基本的な処置は無料になります。

そして自動車保険会社と連動している場合が

多いですので、それを使うと

車両移動も早いです。

 

まとめ

事故を起こさないように運転するのが

一番ですが

交通事故発生時は

人命救助、警察の順番と覚えおくと

いざという時、パニックにならず

冷静に対応出来るのではないか

と考えます。