コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

ガソリンスタンドと危険物取扱者、ではセルフスタンドは?

皆さんは普段

車に燃料を給油します。

 

そう、ガソリン

ガソリンスタンドですね。

 

そして危険物取扱者と

深く密接しています。

 

 

給油取扱所

この給油取扱所というものが

ガソリンスタンド。

 

という事になります。

 

危険物施設の中に

 

製造所等と称され

区分すると

3つに分類されます。

 

製造所、貯蔵所、取扱所

 

この取扱所の中に

危険物施設として

給油取扱所というものが存在します

 

それが

ガソリンスタンドになります。

 

第4類引火性液体

ガソリンスタンドで

取り扱う

 

ガソリン、軽油、灯油

 

などは、この

危険物の第4類の中で

 

  • 第1石油 ガソリン類
  • 第2石油 灯油、軽油類

 

になります。

 

危険物取扱者とガソリンスタンド

危険物取扱者、危険物取扱免許

という資格がありますね。

 

これは国家資格になり

ガソリンスタンドで給油するには

 

「甲種」、又は、「乙種4類」

危険物取扱者

免許が必要になります。

 

えっ?

じゃあ何故、ガソリンスタンドの

アルバイトの子達は

給油できるの?

 

危険物取扱者の立会いでオッケーだからです。

そのガソリンスタンドに

危険物取扱者が居れば可能になります。

 

 

セルフのガソリンスタンドは?

この、一般のガソリンスタンドは

消防法では給油取扱所

といいます。

 

そしてセルフスタンドも同様消防法で

「顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所」

という用語になります。

 

ちょっと長々しいですが

セルフ型スタンドはそういう風に言います。

この、セルフ型スタンドは

  • 「セルフ」「セルフサービス」などの提示をする
  • 顧客用固定給油設備は手動開閉装置を備えた給油ノズル

などの基準があります。

 

まとめ

普段、利用しているガソリンスタンドは

危険物取扱者

という資格に深く関わっている事が分かります。