コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

車を運転していて、事故りかけた事、ヒヤリとした瞬間。

車を運転している時点で

 

つねに危険、事故との

リスクとは隣り合わせです。

 

いつどこで、危険があるかも分かりませんし

 

事故を未然に防ぐには

危険を予測した運転

過度な運転をしない事ぐらいです。

 

 

予期せぬ対向車の右折、高齢者運転

からが箱トラックに乗っている時にきました。

 

対向車の距離で言ったら10mぐらいしかなかった

のではないでしょうか?

 

2トン、箱トラックが時速60km/hからの

急ブレーキによる減速

 

タイヤが横滑りし

かなり焦りました。

 

本当に横転しなくて良かったです。

荷物を満タンに積んでいたら

もしかしたら横転していた可能性はあります・・・。

 

両足を出した原付バイク

原則、左足をついて停車ですよね。

 

左側通行なので、

例えば軽車両にあたる原付バイクを

追い越そうとするなら

車は右にはみ出して避けていきます。

 

ですが、走行時も両足を出した

原付バイクがたまにいると

かなり危険に感じて仕方がありません。

 

巻き込み事故になりかねません。

 

シニアカー、電動カートが道路に

これは「歩行者扱い」に

事故した時はなるそうです。

 

片側1車線の道路にはみだされて

電動カートがいると、かなりひやひやします。

 

電動カートはその本人にとっては

便利な物だと思いますが

運転している当事者からみれば

ヒヤヒヤものです。

 

まとめ

貰い事故などもありますので

本当に気をつけていても

事故発生する可能性があります。