コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

LA400Kコペン、ダウンサス 、導入完了!

さぁ、コペンにダウンサスを

取り付ける日がやってまいりました。

 

仕事場に近い、整備工場に

朝車を預け

 

仕事終わりの夕方に車を取りに行くという

段取りでダウンサスの取り付けを

依頼しました。

 

 

純正コペンの車高

f:id:bandsmankoki:20180617123239j:image

何もしていない状態です。

 

これでも元は低いことは低いです。

知り合いからはこれ以上さげるの?!

 

というような感じで言われますが

 

実際、写真を見たとおり

 

タイヤと車体の隙間。

そこを埋めてスタイリッシュに見せたい。

というのが

本音です。

 

ダウンサス導入完了

f:id:bandsmankoki:20180617131701j:image

出来上がりました!

これがTi2000のダウンサスでの

車の高さです。

 

いかかでしょうか。

 

ビフォーアフターで比較

f:id:bandsmankoki:20180618181528j:image

こうして見ると

 

多少車高の下がり具合が分かりますでしょうか?

いやらしくない程度に車高も低くなり

 

スタイリッシュに決まった感じです。

個人的には満足しています。

 

フロントの下がり幅は約20mm

リアの下がり幅は約15mm

 

これ以上下げたい人はもう、車高調を導入するしかないなと思ったのが

個人的な感想です。

 

乗り心地は?

これは、はっきり分かりました。

「本当に変わった」という断言ではありませんが

 

サスペンションの長さが短くなったのに関わらず

純正サスに比べて固すぎで

段差で凹凸を諸に拾っていた頃に比べ

 

このTi2000は軽い段差なんかはあまり突き上げを感じません。

 

ですが、バネ自体が短くなっていますので

諸な段差では突き上げが来ます。

 

乗り心地に対しては

いい方向に向いたかなという感じです。

 

車高が低くなり

運転する目線はどうなるだろうか?

と、思いましたが

運転する目線はそこまで変わりませんでした。

 

走行性能など

落ちたような印象はありません。

純正サスペンション

と同様、峠道を攻めて見たのですが

全然、変わらなく、寧ろ

ロールが抑えられたかな。という印象です。

 

まとめ

手軽にローダウンするのであれば

ダウンサスは、オススメと思いました。

注意する点は最低地上高が9mm

を下回ると車検に合格することが出来ませんので

そこを踏まえてローダウンか車高調

の選択になってくると思います。