コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

法定12ヶ月点検、実施してきました。

ディーラーへ、ピットイン!

 

今回は法定12ヶ月点検を受けに

 

ダイハツディーラーへ入庫してきました。

 

 

法定12ヶ月点検、実施項目

f:id:bandsmankoki:20180617192703j:image

実際のディーラーでのコペンちゃんの様子です。

 

今回法定12ヶ月点検を受けるにあたって

実施される項目があります

 

26項目点検です。

 

それぞれ

  • エンジン関係の点検
  • バッテリー関係の点検
  • ラジエター水の点検
  • ブレーキ関係の点検
  • パワーステアリング点検
  • タイヤ関係の点検
  • 灯火装置点検
  • ベルト関係の点検
  • オイル関係の点検

 

それぞれ26項目点検することになります。

 

不具合などが生じている場合は

その部品を交換。

という措置。

または勧められます。

 

点検終了、ディスクローターの磨耗

点検は無事に終了しました。

 

ですが、ディーラー側から

 

「ブレーキローターが結構、磨耗していますね」

 

個人的にはちょっと驚きました。

まさかのローターが指摘されるとは

 

パッドの残量は5.5mm程

まだまだモリモリ残っていたので

来年の車検頃でしょうか。

 

スリット入りのローター購入を検討していた

丁度、D-SPORT製の

スリット入りのローターに交換しようかと

考えていたのでサービスの方に

それを相談すると

 

一番良いのは車検時にまとめてする

 

そうすれば工賃は車検費用

含まれるという事です。

 

ですので

 

  • スリットローター
  • スタンメッシュブレーキホース
  • ブレーキフルード

 

等をD-SPORT製の物に変え

ディーラーで作業してもらう

これが確実で、安心な方法です。

 

因みにブレーキフルードは社外品

ワコーズを持ち込もうと思っていますが・・・

持ち込みオッケーでした。

 

基本的にディーラーは持ち込みNG

少なくともダイハツはそうです。

オイルやエレメント類は大丈夫ですが

 

理由は、補償対象外になってしまうから

 

ですが、ディーラーがもとで販売している

アフターパーツなどは

マフラーなどは取り付け作業をしてくれます。

 

まとめ

中には車は安くて壊れたら買い換える。

という方もいますが

大切な車を長く乗りたい人は

ちゃんと整備や点検を受けるべきかと思います。