コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

梅雨、豪雨、台風のルート配送は大変です。

配送業と天候。

 

特にルート配送などは

天候に関係なく

 

地震などの災害が、発生しない限り

ほぼ毎日荷物を運搬することになります。

 

配送の現場というものは

道路状況によって

危険というものが

ふとした瞬間にあったりするものだと思います。

 

 

台風のルート配送の大変さ

台風時の配送の大変さは

もちろん

風に煽られる事です。

 

荷台の扉を開閉する時に

その風で扉が飛ばされそうになり

時に危険です。

 

そして足元はよく見ておく必要も

ブロック塀が

予期せぬところに落ちていて

転んだ事もあります(笑)

 

豪雨時の大変さ

最近でも、集中的にゲリラ豪雨のような

事も珍しくありません。

ひどい雨足になり

視界が見えないような

常時、ワイパーフル稼働させるような

 

そういう様な天候。

事前にフロントガラスには、

ガラコを塗ったりして

視界を良好に保つために工夫はしていますが

 

そんな路面は

かなりウェット。

 

障害物を避けようと

というかその時は挙動不審な車だったんですが

坂道発進的な半クラッチになり

いつもとアスファルトの感じが違い

路面が滑り危うい時があったりもしました。

 

とにかく、経験して学んだ事は

雨の日のアスファルトはタイヤとの

摩擦の考え方は別物で

ブレーキングから何まで

トラックの場合は

車間距離など余裕を持った運転が

命を救います。

 

梅雨の配送は

この天気が、わからない状況下で

走るのは、神経がすり減ります。

水たまりがあれば

それを避けて進みますし

 

水たまりの道が一番嫌いですね。

深夜、濃霧、水たまり

最悪です(笑)

 

まとめ

事故のリスクがある

職種だからこそ

的確な危険予測が必要になってきます。