コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

コペンのホイールをホイールクリーナーと専用ブラシで洗う!

毎回コペンのホイールを

洗う時。

 

中性洗剤では限界を感じます。

 

たまにホイールクリーナーを使用しますが

 

やっぱり、ブレーキダストの汚れは頑固です。

 

フロントのディスクブレーキのホイールは

放っておくと鉄粉まみれです。

 

 

ホイールクリーナーとブラシを使い洗浄

今回、傷がつかないというホイールブラシを

購入。

 

ハンディクラウン(Handy Crown) 洗車ブラシ B&Y ソフトブラシ ホイール用

ハンディクラウン(Handy Crown) 洗車ブラシ B&Y ソフトブラシ ホイール用

 

このハンディクラウンと

 

いつも使っている

ソナックスのホイールクリーナーで

ホイールの洗浄を頑張ります。

 

 

SONAX(ソナックス) ホイールクリーナー エクストリーム ホイールクリーナー 230200
 

 



いざ、実践

一度しっかり

ホイールに水をかけ

 

ホイールの汚れや埃を取り除きます。

 

必要に応じてかーシャンプーで

ホイールを軽く洗い

 

ホイールクリーナーをスプレー。

 

スプレーした後は5分程度放置して

待ちます。

f:id:bandsmankoki:20180715124305j:image

汚れが、パープルのような紫色で浮かび上がってくるので

そこをすかざず

 

この専用、ハンディクラウンでブラッシング!

 

ホイールの奥の方まで洗えるので

かなりブレーキダストの掃除になるかと思います。

 

f:id:bandsmankoki:20180715124738j:image

こうやって、リムの淵や

細かい溝などを

ブラッシングして掃除できるのは

ありがたいですね。

 

ブラシの反対側は

スポンジ素材になっているので

ホイールに優しく

思いっきり掃除できます。

 

洗浄が終わったホイール

f:id:bandsmankoki:20180715125013j:image

恐らく大分、ブレーキダストの汚れは

取れたんではないでしょうか。

 

それでも焼け付いた、鉄粉の汚れは

多少しつこいものがあります。

 

まとめ

アルミホイールなら

ボディ洗車と、ともに

ホイール洗車を定期的にしなくてはいけませんね。

ブレーキダストが溜まった足まわりよりも

綺麗な足まわりはでいたいですよね。