コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

【取得後も使える】技能教習で予習復習しておきたい運転操作

第一種普通自動車免許。

 

いわゆる、普通車の免許は

 

18歳から取得できます。

 

そこで、教えておきたい運転操作の事に

ついて書いておきたいと思います。

 

気をつけるのは癖、基本動作はしっかりと

まず、運転操作。

 

といっても、自動車教習所に行ってしまえば

個人差はあるものの

自然と技能は習得できるものです

が、しかし、その場はちゃんとしていても

 

運転の癖というものは中々抜けないような

気がします。

 

サイドミラーと側方の確認

右左折する時の確認は

しっかりと行いましょう。

車の死角により、サイドミラーより外側が

見えない事があります

 

そこに見えない恐怖というものが潜んでいます。

 

巻き込み確認はしっかりと行いましょう。

 

ハンドルを持つ手、姿勢はリラックス

まずリラックスする事が大事です。

シート位置など、自分にあったところで調節し

 

肩に力が入りすぎず

前のめりになりすぎない事が重要です。

前のめりな姿勢ですと

かえって、路面との設置面が近くに感じ、恐怖感が増します。

 

ハンドル操作、アクセル操作、ブレーキ操作

ハンドルを持つ手は

10時10分になるように

内ハンドルのような癖がついてしまうとなかなか

抜けません。

 

そして急な旋回はしない事です。

 

しっかりと旋回可能な領域まで減速して

カーブから立ち上がった時に徐々にアクセルを踏んでいく。

 

急発進、急ブレーキは、

あまり車にも優しくないんです。

燃費にも比例します。

 

【MT編】クラッチワーク

MT車ではクラッチがついており

 

踏んで維持して半クラッチ

踏んで話してシフトチェンジ。

そういうギア操作があって

オートマ車に比べると

 

乗らない人にとってたは

面倒極まりないかと思いますが

それがマニュアル車の面白いところでもあります。

 

マニュアル車で基本的で教えたい事といえば

余程のエンストしない限り

 

クラッチは踏まない方が良い

 

でしょうか?

それぞれのギアによって速度域も決まっているので

どのギアに入れるかによってもですが

 

一番癖としていけないのは

余計なところでクラッチを踏んでしまい

エンジンブレーキを使用しない走行をしてしまう。

というところが怖いんです。

 

徐行時にクラッチは踏んでほしいもので

徐行というものは10km/h未満ぐるいの

速度域での事で

 

止まるか止まらないか分からないときに半クラッチで微調整をする。

というのは

分かるのですが

 

例えば、エンストするのが怖くて交差点内で

一回、クラッチを切って進入していくような

形。

 

ノック音は酷くなりますが

気をつけていればエンストはあまりしません。

慣れです。

 

まとめ

教習所内では

オーバーリアクションで

技能教習をした方が

早く取れる事は間違いないですが

わからないところは、素直に聞きましょう。