コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

エアクリーナーを純正に戻してみた。

今までは、ブリッツの

アドバンスパワーエアクリーナーを

コペンに装着していましたが

 

コペンを売りに出す為

コペン用に装着していたパーツ。

 

売れそうな物は外しました。

つけていても仕方ないし・・・

次回の車の改造費に(笑)

 

 

そんな中でむき出しのエアクリーナーを

純正に戻したら結構変化があって

面白かったのでまとめてみました。

 

純正エアクリーナーボックスにデチューン

取り付け取り外しは

ボルトオンなのでいたって簡単ですから

 

すぐ終わります。

いやぁー、捨てずにこういうのは取っとくべきですね。

 

今回このアドバンスパワーエアクリーナー

は購入費用¥30,000円程したのかな?

 

このエアクリーナーの

型番自体はLA400K、BRZ(86)と同じ形状です。

アダプタ類があれば安く済むんじゃないのか?

と思い。

 

販売元のブリッツさんに

インターネットで問い合わせてみました。

 

どうやら、部品販売はしてないみたいです・・・。

電話だと違うのでしょうか?

 

純正エアクリーナーに戻した感想

なんていうか、アクセルがつまる。

そんな感じです。

 

低速トルクとかそういう

うんぬん抜きにして

 

吸う空気の絶対量が減ったからでしょうか。

空気の抵抗が大きく影響してるのでしょうか。

 

面白い程に

 

軽自動車。

というような感じ。

 

これ恐らく山道で登る時に

アクセル踏み込んだら違いとか

分かりやすいと思います。

 

まとめ

手軽に出来るのが

この吸排気系チューニングですが

やる場合は、入り口と出口。

エアクリーナーとマフラーの交換は

推奨します。

燃費が悪くなるとかいう声がありますが

あれ半分、気持ちいからつい踏んでしまいがちに

なりそういう風な傾向になるんです。