コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

86/BRZを所有してみての運転について。スペックなど

納車したばかりの

BRZです。

 

運転席から感じ取れる

フィーリングというものは

新鮮味があります。

 

コペンと比べてみると

660ccと2000ccの車。

やはり差はあります。

 

軽自動車から乗り換えてみた感想

BRZのスペック的なものを

個人的にまとめてみました!

 

コペンとBRZの違い

まず冒頭でも書いた通り

660ccと2000ccでは

差は歴然としていますね。

 

それは実際に乗って、運転してて分かります。

 

コペンはターボの軽自動車で

わりかし加速の鋭さはありました。

ですが、されど軽自動車。

 

という概念は頭の中に今でもあります。

 

64馬力と200馬力です。

3倍程差がありますよね。

 

日本の軽自動車は

64馬力という馬力規制がありますからね。

 

BRZの加速

言い方、例え

 

人それぞれ、もしかしたら間違っているかもしれませんが

 

新幹線の様な加速です。

 

コペン同様、車高、運転席の低さは同じです。

そこは、やっぱりスポーツカーなのかな

 

と思います。

 

新幹線の様な加速・・・。

新幹線に乗っている様な感覚・・・。

 

地面を這いつくばって

背中から押されている様な加速。

 

その様な感覚を試乗した時から

覚えています。

 

コペンはFF車

前輪駆動

86/BRZはFR

後輪駆動という違いがありますので

 

そこでまず違いがあるのかなと思います。

 

ドライコンディションでしか

まだ乗ったことかありませんが

 BRZのトラクションは

安定してますね。

 

元々のタイヤの幅やインチ数も違う

という事はありますし。

 

コペンは16インチの165です。

 BRZは17インチの215です。

 

コーナーを旋回する時

タイヤが太い BRZの方が

まだ曲がれそう。

という感覚がハンドルを握った時にあります。

 

 BRZ自体、車両重量は1230kg

これは軽量な部類です。

コペン同様、ライトウェイトスポーツ。

 

では、これ以上軽量化したら?

 

個人的には、ストリートで楽しむなら

これぐらいが丁度良いし

むしろ軽すぎるのは危険かな

と思いました。

 

コペンはオートマ車でした。

エンジンはCVTです。

コペンの場合。

CVTの方が車両重量が重いんですよね。

他のアルトワークスや

S660に比べても

少し重い車なんです。

それが少しハンディな車かなと

コペンの方は思いました。

 

 86/BRZのMT、クラッチやギアなど

かなり扱いやすいです。

シフトレバーは

ショートストロークで、

クイックにギアが入るし

 

スコスコ入ります。

 

クラッチの重さも丁度良く、

そしてシフトチェンジした時の

ギアも繋がりやすいです。

 

ですがMT初心者にはやっぱり

半クラッチは手こずるかな?とも思ったりもします。

 

私自身、仕事で

MTのトラックに乗ってばかりいたので

操作性の違いという壁にはぶつかりましたが

根本的な原理は同じです。

 

すぐ慣れました。

 

BRZを総合的に見て

2000ccで200馬力もあれば

日本では十分過ぎます。

寧ろ、スピードの出し過ぎで 捕まらない様に

注意しないといけないですね(笑)

 

法定速度の60km/hは

5秒もしないうちに到達します。

 

まだ高速道路は試してないですが

追い越しは楽々でしょう。

 

原付などの軽車両。

追い越しは安全に確実に追い越しできます。

 

燃費など

f:id:bandsmankoki:20180828231734j:image

まだなんとも言えないところですが

 

 BRZには瞬間燃費が表示されます。

これを見てみると

2000回転時が一番燃費が良いですね。

スムーズに加速すれば

 

瞬間燃費は18km/L

アベレージでいうと12km/L

ぐらいです。

 

これはスポーツカーとしてはかなり良い方の部類ですね。

このスバルの86/BRZの

水平対向エンジン

ボクサーエンジンは評判が良いみたいです

 

因みにコペンの最高の燃費は

18km/Lくらいから

諸々スポーツタイヤなど改造しだして

15km/Lくらいからでした。

 

まとめ

86/BRZを購入しようと検討されている方の

少しでも参考になればなと思います。

雑な解説でしたが

ご容赦ください。