コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

ブリッピングから始めよう!ヒールアンドトゥのコツ。

マニュアル車ならでは

独特のテクニック。

技法があります。

 

ヒールアンドトゥ。

 

ですが

はっきり言って

サーキットなど走る訳でも無いなら

 

いらなくてもいい技です(笑)

 

ヒールアンドトゥとは

f:id:bandsmankoki:20181015211119j:image

左足でクラッチを扱いながら

右足でアクセルとブレーキを同時に使う

上級者向け

のテクニックです。

 

マニュアル車なら、まず乗り方からマスター

しなければいけませんが・・・。

 

ヒールアンドトゥはどういう手順なのか?
  • クラッチを切る
  • ブレーキングと同時に踵周辺でアクセルを煽る
  • クラッチを繋ぐ

 

レースではまた違いますが

 

減速時に起こる

シフトショックを無くすテクニックの一つです。

 

シフトロックやシフトショック

クラッチを切ると

回転数が落ちます。

 

例えばこの時にクラッチを一気に繋ぐと

シフトロック

という現象が起きます。

 

という急激にエンジンブレーキが

「ガクン」というような衝撃がきます

これはトランスミッションといった

駆動系にかなり負荷をかける事になります。

 

そこでタコメーターの

回転数が落ちた時に

「ブン」と

煽るとシフトダウン時に

回転があってスムーズに

シフトチェンジする事ができます。

 

まずはブリッピングの練習から

最初からやってみろ!

というのは非常に危険です(笑)

 

まずは、クラッチを切って

アクセルを煽り回転数を上げ

繋ぐ所からです。

 

ただ繋げば良いというものではありません。

 

クラッチミートの場所を把握しましょう。

 

アクセルを煽り

半クラッチで繋がっている所の境界線での

ミート。

 

まずはミートする場所を把握し

そして、そのミートする時間を短くしていきましょう。

 

ヒールアンドトゥの右足のコツ

停車して、サイドブレーキを引いて

 

ブレーキを踏み、かかとでアクセルを煽る練習をします。

その時に

 

どの程度の強さ

どの程度の踏み加減で

タコメーターが動くか

把握してください。

 

まずは4速から3速へ

一番やりやすいです。

 

 

 

まとめ

3速から2速に入れようとします。

 

回転数があってない

そしてクラッチを繋ぐタイミングが

ずれると一気にシフトショックが来ます。

左手

左足

右足

全て神経を集中させてやらなければ

うまくいきません。

ドラムを練習してるようなものです。