コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

マニュアル車からオートマ車、軽から乗用車、そしてトラックの乗り換え方!

私、仕事の関係上

 

日々色んな車を運転する機会が多いです。

 

マニュアル車

オートマ車

軽自動車

普通乗用車

箱トラック関係

 

その中で、一番気にするのは

運転する上での安全です。

 

 

オートマ車とマニュアル車の乗り換え

 

まずマニュアル車から

オートマ車に乗るときは

左足を曲がるところから始めましょう!

 

踏み間違い防止の措置です。

 

乗用車とトラックからの乗り換えの点

 

私が重要視しているのは

 

乗用車とトラックは別物

 

と私的に考えています。

 

例えるなら

同じ車でも

違う乗り物

 

という風ような認識の仕方

 

トラックを、運転すると

ステップをまたいで乗車しますので

そもそもの視点が高いです。

 

そしてサイドミラーを頼りにした運転になります。

 

共通して言える事

 

サイドミラー

シート位置

というのが

個人的に共通して言えるものかもしれません。

 

マニュアル車のトラックに乗るときは

前過ぎず

確実にクラッチが踏める位置、

かつ、かかとで細やかなクラッチワークが

できるシート位置にしています。

 

これも、オートマ車にも言える事で

確実に安全にアクセル、ブレーキが

踏めるポジションを事前に確かめます。

 

サイドミラーなのですが

乗用車。

ちゃんと目視もした上での話です。

サイドミラーを重点とした

確認が多いです。

 

箱車ではサイドミラーしか

頼れるものがないですので

個人的に習慣付いてるものなのですが

バックする時。

駐車するときも

 

必ず左右のサイドミラーを確認した上で

ドアを開け確実に駐車。

 

という措置をしています。

 

まとめ

自動車

車全般的に言えることなのですが

油断というものは

1番の大敵です。

いつも、でてくる"かもしれない"運転

を心がけ

徐行すべきポイントや

ブレーキを踏むタイミングなど

先を見据えた運転というものを

習得していくことが大事かと思います。