コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

BRZでサーキットを走る準備。走行会編。

諸事情により

走行会の詳しい詳細などは書けませんが

あしからず。

 

今回、走行会に参加するにあたって

僕個人的に備えておくべき点をまとめました。

 

走行会での注意点

レースや、スピード行事などではありません。

 

その辺を踏まえると

 

もっと身近にサーキットに

参加しやすい場所だと思います。

 

ですのでマナーを守って

個々で走りを楽しむ。

というのも大事なのでは無いかなと思います。

 

装備品

サーキットで必ず必要なもの

  • ヘルメット
  • レーシンググローブ

そして長袖長ズボン。

 

耐火性を考えた上での注意点となります。

f:id:bandsmankoki:20190225222339j:image

今後、レース関係を考えているのであれば

ちゃんとした

  • レーシングスーツ
  • 4点シートベルト

を導入するといいと思います。

 

ヘルメットも走行会程度とはいえ

実際に結構なスピードを出します。

もしもの時を守るヘルメットです。

 

ちゃんとした価格帯、メーカーの物を買うべきだと

個人的には思います。

私はArai製のヘルメットを所有しています。

 

車両について

私、コペンの時は足回り。

特にブレーキ周りはスポーツ系のパッドを

入れてはいたのですが

 

今回のBRZはドノーマルでした。

 

ブレーキパッドはスポーツタイプ。

ブレーキフルードも沸点が高いものを

改めて入れるべきだと感じました・・・。

 

そしてタイヤですね。

国産のネオバやポテンザを推奨されました。

 

走行開始!

 

タイヤが・・・

思うようにグリップしない・・・。

 

この日はあいにくの小雨。

 

路面がウェットな上に

第1コーナーでケツが滑る!!!

 

そしてやはり・・・。

 

若干ブレーキに不安を覚えてきました。

 

大事をとって数回ピットインしながら

走行しました。

 

3時間ぶっ通しの走行会。

私は約45周ほどコースを回りました。

(コースは約2.3km)

 

ブレーキ回りに不安はありましたが

非常に有意義な一日を過ごせたかな。

と思いました。

今後、Aライの為に実際のサーキットを

完走するというのが目標です。

 

そういった意味で

サーキットを全開で走るというのは

かなりのストレス解消になります(笑)

 

まとめ

走行会は

初心者からでも楽しめるなと思いました。

ですがそこで目にしたのは

上には上がいるという事

 

サーキットを熟知している人の走りには

目を疑いました。

 

その車のセッティングなども

当然あるのでしょうが

お金がかかる趣味だな。と

つくづく思わされました。