コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

BRZのキャリパー塗装。

今回はBRZのキャリパー塗装を行いますよ!

 

やっと時間が取れたので

ブレーキキャリパーの塗装を行います。

時間がかかる作業ですので

午前中、又は昼ぐらいの作業を推奨します。

 

キャリパー塗装に必要なの物

  • 耐熱スプレー

 

 

まずディスクブレーキのキャリパーは

もちろんのごとく、熱を持ちます。

耐熱スプレーを買いましょう!

 

普通のスプレーでも大丈夫という人もいますが

耐熱塗料を使いましょう

このホルツの塗料は発色も良かったです。

 

  • ジャッキ
  • ウマ

 

この辺がちゃんと揃ってないと

作業できません。

タイヤを外すことができません。

車載されているパンタジャッキを使うと

いいかと思います。

f:id:bandsmankoki:20190324194735j:image

  • ブレーキクリーナー
  • 歯ブラシ

これは

キャリパーについたブレーキダスト

鉄粉を除去しする為です。

 

タイヤを外して

f:id:bandsmankoki:20190324194836j:image

ジャッキアップしてから

ウマをかけ

固定します。

 

この時、注意して欲しいのが

ウマが2個しかない場合

パーキングブレーキ(サイド)を使っていても

前輪だけ浮かせるようにしてください。

 

ウマが2個しか無い場合は

後輪は、片輪だけ浮かせるようにしてください。

輪止めを使えばいけますが

安全策をみて、片輪ずつが安全です。

 

ブレーキクリーナーで掃除

ブレーキクリーナーで

キャリパーについているダスト。

鉄粉を除去します。

歯ブラシを使いながら

細かい部分なども綺麗に

洗い落とします。

 

ブレーキクリーナーは

全部のキャリパー含めて

4本くらい余分に準備しておくといいです。

意外に、頑固で汚れを落とす作業だけで

時間がかかります。

 

キャリパー塗装

このホルツの耐熱スプレーは専用で

ハケとカップがあります。

スプレーするんではなく、ハケ塗りがおススメです。

 

まとめ

f:id:bandsmankoki:20190324195933j:image

キャリパー塗装したことによって

高級感が増し

某ブレーキメーカーのようなスポーティ感が出ました。

作業自体は、塗る数にもよりますが

4時間くらいかかります。

 

ブレーキクリーナーで掃除、そして塗装。

この作業は2人くらいで作業するのを

おすすめします。