コペンとトラックのドライバー

コペンや車の事、仕事のトラックについてなど書いていきます。

【エピソード3】大型免許、取得します!3H目、路端停車、隘路進入。

大型自動車免許を取得します!

 

前回、準中型5トン限定解除から

ついに大型免許を取得しようと思い立ちました!

就職や、転職に有利になると思われる

この大型免許取得の様子を今回

記事に残していきたいと思います

 

3H目

ようやく、少しは慣れてはきたかもしれません。

ですが、気をぬくと

「大型車に乗っている。」という感覚

を忘れて、すぐハンドルを切ってしまいそうになります!

後輪の軸となるタイヤを見てしっかり

その感覚をとぎすまします!

 

路端停車

文字通りですね。

端に車を停める課題です。

 

大型車の場合車幅が2.5m近くあるので

横の感覚をちゃんと掴むためにあるような課題ですね。

 

左ウィンカーを出して

進入し、ポールに対し、車のミラーとの隙間が

拳1個分程度で、言うならば10センチ程度で

停車しなければいけません。

 

ですがこの課題は割りかし簡単な部類だと思います。

車を端に寄せるのと

それに対してのハンドル操作をすればいいだけです。

 

隘路進入

隘路?何それ?

という方もおられるかもしれませんが

要は画像で説明すると、こういうことです。

f:id:bandsmankoki:20190507224736p:image

駐車場スペースに(右折、左折)

そのまま頭から入るというもの

白線からはみ出してもいけませんし

 

はみ出した場合はバックで切り返しを

しなければなりません。

確か3回までの切り返し

4回目で修了検定中止。

となります。

 

1回目で進入して

そのままバックし、規定の位置まで入れば

減点無しですので

 

うまい具合に入ればこっちの勝ちです。

 

トラックに乗っていた年数があったので

タイヤの位置、ハンドルを切るタイミングなどは

理解していたので意外に早く習得できました。

 

まとめ

大体課題は一通りおさらいされましたので

今度は検定コース

ならびにS字や路端停車

隘路進入をいれながらの練習になりますね。

 

やはり全長約12m、横幅約2.4mの車両は大きです。